年に一度の出会い|チラシ印刷を安くするコツ|当日に納品可能が嬉しい

チラシ印刷を安くするコツ|当日に納品可能が嬉しい

婦人

年に一度の出会い

ハガキに書く人

知り合いに出会える

付き合いが頻繁になくても、年に一度のお手紙、「年賀状」で人間関係のつながりを再確認できます。学校を卒業してから会っていなくても、会社の転勤や転職してから会える頻度が減ったとしても、引っ越ししてご近所付き合いがなくなったとしても、一枚の年賀状で人間関係を見出すことができます。年賀状には家族や風景の写真が用いられます。写真をことで、表情や景色の雰囲気を感じ取れます。「あ、少しやせたなあ、健康は大丈夫かな」と写真を見て感じたり、「そういえば、昔ここへ行ったな」など思い出にふけることもできます。特に最近は印刷される年賀状も増えてきました。または年賀状作成を助けてくれるパソコンソフトもあります。プリンターも進化し、まるで写真のような再現をしてくれます。印刷に出す方もいらっしゃり、プロの業者が印刷する年賀状は、家庭用のプリンターで製作したものよりも出来栄えが違います。年賀状の内容をどうするかで悩みますが、コストをかけて印刷業者へ依頼するか、それとも自宅で印刷するのかを悩みもの、年末ならではのもの。師走とはよくいったもので、ただでさえ忙しくなります。

悩みが広がります

年賀状で使う写真は、本当に悩みます。印刷もしないといけないからなおさらです。そのために風景を撮影しに行ったり、家族のご機嫌をとって写真撮影を行います。たった一枚の年賀状の印刷に、これだけの手間や時間がかかるのは仕方ありません。何しろ、年に一度のお手紙ですから、写真一枚にもこだわります。今年の家族の表情を写真におさめて印刷されるわけですから、緊張もします。まるで一年の集大成のような感じです。そのような想いが込められて印刷され、そして自分へ送ってくれた年賀状を、新年が来るたびに拝見できますから、ただの手紙の雰囲気を超越しています。文章もさることながらイラスト、記事に至るまでその人、その人の想いが伝わりますから、新年の門出に際しての楽しみの一つです。どれだけの人間関係が形成されているのかをさりげなく感じ取ることができ、「この一年、頑張っていこう」と自然に心に誓うものがあります。一枚に込められた想いを拝見できる時期が近づいています。それだけに、どの写真を使うか、本当に悩みます。